認定こども園とは

保育・教育を一体的に行う施設で、保育園と幼稚園の両方の良さを併せ持つ施設です。

保護者が働いている、いないに関わらず利用することができ、保護者の就労状況が変化した場合でも、通い慣れた園を継続して利用できることが大きな特徴です。

①1号認定(満3歳〜5歳児)は保護者の就労等に関わらず定員内で受け入れできます。

②2号認定(満3歳〜5歳児)と3号認定(満3歳未満)の保育園枠は就業等「保育の必要な事由」が必要となります。